GIS INFORMATION

本サービスは、リンク元に緯度・経度の情報をつけてリダイレクトをかけます。ユーザーの緯度・経度の情報を簡単に取得できるようにすることで、位置情報・地理情報に紐ついたwebサービスの開発を支援します。
HTML5のGIS情報(Geolocation API)はjavascriptによるものですが、それをPHP、PERL等他のプログラマーでも使いやすくしました!



1.利用例

ユーザーを飛ばすと、GET値で位置情報を獲得することができますので、位置情報を持っていないユーザーを当サイトにリダイレクトをかけ、位置情報を持ってもらった情報で処理を行うことができます。URL引数もそのまま受け継ぐことができますので、例えば

1)ユーザーの現在地から最も近いレストランへナビゲーションを出す
2)ユーザーの目的地までの距離と時間、地図を表示

といったことが可能になります。ぜひいろいろお使い下さい。


2.基本の使い方

自分のサイトに、http://gisinfo.areaia.jp/?action=href をリンクとして貼り付けます。
この場合、ユーザーのサーバー情報から、「どこから来たのか」を読み取り、緯度と経度をURL引数につけてリダイレクトを行います。
なお、緯度は「lati」、経度は「long」によって取得でき、また「map」からはgooglemapにピンを立てた状態で現在地を獲得することができます。
なお、$_SERVER['HTTP_REFERER']が空の場合は、機能せずにこの説明ページが表示されます。

1)リンクの貼り方

<a href="http://gisinfo.areaia.jp/?action=href">緯度・経度を取得する</a>

2)値の取得

$lati = $_GET["lati"]; //緯度
$lang = $_GET["lang"]; //経度
$map = $_GET["map"]; //Googlemap

デモ  緯度・経度・GoogleMapを取得する

3.戻り先を指定する

URL引数「href」にリンクの指定があった場合は、そのリンク先をターゲットにリダイレクトをかけます。
例えば、http://areaia.jp に遷移したい場合は、http://gisinfo.areaia.jp/?action=href&href=http://areaia.jp をリンク先に指定下さい。

<a href="http://gisinfo.areaia.jp/?action=href&href=http://areaia.jp"> 緯度・経度を取得して、http://areaia.jpにリダイレクトします </a>

デモ  緯度・経度・GoogleMapを取得して、http://areaia.jpにリダイレクトします

4.緯度・経度の取得に失敗した場合

緯度・経度の取得に失敗した場合は、ご指定いただいたリダイレクト先(ない場合は、リンク元)サイトに、URL引数「alart」をつけてリダイレクトをかけます。


5.技術仕様

まず、Geolocation APIをコールし、それに対応しているかをチェックしております。スマートフォンや最新ブラウザをお使いの場合、Geolocation APIで緯度・経度を取得します。次に、フューチャーフォンのチェックを行い、PEARクラスの「Net_UserAgent_Mobile_GPS」で緯度経度のチェックを行います。そして、それでも緯度・経度を得られなかった場合は、エラーを返します。
試していないですが、curl等を使うと、プログラム内でloopでデータをとるということも可能かと思います。
機能要望、バグのご報告は、AIAアプリ 要望・不具合(facebookグループ)までご連絡ください。


6.ライセンス

本webアプリは、商用・非商用を問わずに、無料で報告なくお使いいただけます。
なお、本サービス利用によって生じたいかなる事態に対しても、当社は一切の責任を追わないことをご了解の上、ご利用下さい。

Copyright(C) Area Innovation Alliance, All Rights Reserved.